毎年恒例!野菜苗を植えました

我が家には猫の額・・・よりは少し大きいかな?程度の庭があり、日当たりもいいので毎年トマトやキュウリの苗を植えて、ささやかな家庭菜園を楽しんでいます。わたしと小学生の息子がトマトときゅうりが大好きなのでミニトマトときゅうりの苗は必ず植え、あとは大庭や、スペースにまだ余裕があれば茄子なども植えます。

完全素人の農作業ですが、水をあげずに育てているのでトマトなどは特に味が濃厚に感じ、自分で育てたことで余計に美味しく食べることが出来ます。

そろそろ野菜苗を植える時期だなぁと思っていた矢先、たまたまJAの前を通りかかったところ、野菜苗を求めておじさま、おばさま方でごった返しており、若輩者のわたしはちょっと躊躇してしまい寄って買うことが出来ませんでした。

少し落ち着いてから買いに行こう・・・でも人気の種類のトマトはすぐなくなってしまうし、どうしよう・・・などと思っていたところ、野菜苗を作り出荷している家のお友達から、少しだけ背が伸びすぎてしまったが今すぐ植えるにはちょうどいいアイコ(ミニトマトの種類です)がある、格安で譲れるよ!と連絡をもらい、即、買いに行きました。
人生の先輩方に揉まれながら野菜苗を買わなければならないかと思っていたところだったのでかなり朗報な上に、アイコは好きな品種ですし、少し安くしてもらえてラッキーでした!

しかし、素人目には伸びすぎだなんて全然わからないそのアイコの苗。見栄えが悪いからお店には置けないのだそうです。もったいない。きっと、世の中にはお店に置けなかった苗がたくさんあるのだろうな、苗だけではなく、農家さんが収穫した野菜だって見栄えが悪かったらお店に置けないものもあるそうだしと思うとこのアイコの苗を立派に育てて、美味しく食べてあげなきゃ!という思いが更に強くなりました。と言っても、お日様と雨任せではありますが、とにかく収穫が楽しみで仕方ありません。